江頭ブログ

だって楽しいんだもん
リストアップ
0

     

     

     

    少し前の【豊川フラワー】

     

     

     

     

    IMG_7877.jpg

     

     

     

     

     

     

    さて、スタートしたばかりの人にリストアップの事を教える時に、

     

     

     

    いつも思うことがあります。

     

     

     

     

     

     

     

    それは、リストアップの段階で

     

     

     

    多くの人が間違いを犯しているという事です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このビジネスは、当然

     

     

     

     

    ネットワークを駆使していくビジネスになる訳ですが

     

     

     

     

    ネットワークの意味を、多くの人が完全にはき違えています

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それは多くの人がネットワーク的に広がるから

     

     

    どんどんグループが大きくなると考えている、という事です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    もちろん、その要素がない訳ではありませんが

     

     

     

     

     

     

     

    私はネットワークをこうとらえています

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それは・・・・

     

     

     

     

     

     

    「どんな人につながるかわからない可能性」です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ネットワークは完全な【理論】となっています。

     

     

     

     

    是非【つながり】を読んでみてください

     

     

     

     

     

     

    ダウンロード.jpg

     

     

     

     

     

     

     

    これを読むと、

     

     

     

    ネットワークは地球をつなぐという事がわかります。

     

     

     

     

    信じるか信じないかは本人の勝手ですが(笑)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私のグループリーダーは、ほとんどが

     

     

     

     

    間にかなりの人数を挟んで知り合った人ばかりです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最初にやったA社から未だに収入が入り続けていますが

     

     

     

     

     

     

    そこの一番大きなグループは

     

     

     

     

     

     

    ほとんど縁のなかった友人が

     

     

     

    「お母さんが買ってくれると思うよ」と言った一言に

     

     

    めげずに会いに行って(笑)

     

     

     

     

     

     

    その人が伝えた3レベルくらい先の人の【犬】が逃げ出し

     

     

    後日【この犬はお宅の犬じゃありませんか?】と言って

     

     

    連れてきた人が巨大なグループを作ったんですよ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    あるいはこんなこともありました。

     

     

     

    名前を聞いても思い出せない後輩が

     

     

    全ての人に断られ2時間離れたお姉さんに会いに行ったら

     

     

    お姉さんはすでに誰かのグループでサインしてたけど

     

     

    その伝えに来た人とどうやっても連絡がつかず

     

     

    偶然スポンサー欄が空欄のままになっていた(汗)

     

     

     

     

     

     

     

    その先の先の先から大きくなっていたという話です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    僕は300人くらいリストアップしたけど

     

     

     

    その二人は、実は200人の中にも入っていなかった人です。

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、26年間も入り続ける権利収入を支えているのは

     

     

     

     

    なんとその二人から始まるグループなのです!!

     

     

     

     

     

    リストアップの一人の名前から無限のドラマが生まれるんですよ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その可能性を閉じるなんて・・・・

     

     

     

    ましてや、リストすらしないなんて・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先日は、人生で二回しか会ったことがないけれど

     

     

     

     

    リストだけしていた人からなんと、

     

     

    向こうから電話があり、家に来られてサインしました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もし、このビジネスの成功に才能が関係するとしたら

     

     

    それは、そんな小さな兆候を見逃さない、

     

     

     

     

     

    願望の強さの事なのかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【2016.09.08 Thursday 23:35】 author : egaways | - | - | - | - | - |
    流通 4.0
    0

       

       

       

      関西出張が終了。

       

       

      久しぶりの大阪セミナーは満席&立ち見

       

       

       

      抽象的なソーシャルショッピングの概念も

       

       

       

      理解されていたようだし、なかなかいい感じで

       

       

      アフターのアフターのアフターまで盛り上がりました(笑)

       

       

       

       

      IMG_1952.JPG のコピー.jpg

       

       

       

       

      IMG_1953.jpg

       

       

       

       

      IMG_1954.jpg

       

       

       

       

       

      今、流通の世界は確実に新しい領域に突入しています。

       

       

       

      お店や企業やマスコミが情報を流していたのは

       

       

      江頭流にいうと【流通1.0】

       

       

       

       

       

      ダイレクトセリングとMLMに見られる流通革命が【流通2.0】

       

       

       

       

       

       

      そこにインターネットが登場し、Amazonに代表される

       

      ネットショッピングができたのが【流通3.0】

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      しかし、ここで人類史上最も大きな変化が起こってくるのです

       

       

      それはFacebookに代表されるSNSの登場です!!

       

       

       

       

       

       

       

      何が一番の変化かと言うと、情報がマスコミや企業から流れるのでなく

       

       

       

      ネットワークでつながった情報網の中で人々が共有するようになること

       

       

       

       

       

       

       

       

      一言でいうと情報だけでなく、

       

       

       

       

      考え方や感情すらネットワークが持つようになった事

       

       

       

      そうなると何が今から起こってくるのかと言うと

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      流通3.0までは企業が情報を流していたのに

       

       

       

       

       

      新時代の流通4.0は「ネットワークが企業を選ぶ」という

       

       

       

      力関係の逆転が起こるのです

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そうなると人々は企業に対し、いい製品というだけでなく

       

       

      ポリシーやストーリーを求めるようになるのです。

       

       

       

       

       

      それに伴い人工知能の発達で人々の働き方が変わってくる事

       

       

       

       

       

       

       

       

      これからの企業や経営者に求められるのは

       

       

      いかに人間が持っている【感情】に訴えかけるかと言う

       

       

      マーケティング能力ではないでしょうか?

       

       

       

       

       

       

       

       

      そしてその感覚を磨き育てられる人にもスポットがあてられるでしょう

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      いつの時代になってもリーダーだけは必要とされます。

       

       

       

       

       

       

      あなたは今後どのような働き方を選んでいきますか?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      【2016.09.06 Tuesday 14:17】 author : egaways | - | - | - | - | - |
      変化していくもの
      0

         

         

         

        いくつになっても仲良しです♡

         

         

         

         

        IMG_7908.jpg

         

         

         

         

         

         

         

        さて【新しいものはいつか古くなる宿命】にどうやって対抗していくか?

         

         

         

         

         

        と言う話が途中になっていました。

         

         

         

         

         

         

         

        まずは、未来永劫のものはない、というテーマについてですが

         

         

         

         

        それは一概にこの時代だから、と言う訳ではないはずです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        例えば、明治維新・・・

         

         

         

         

        江戸時代からの感覚を引きずっていた当時の人々は

         

         

         

        新時代への変化の際に、頭の中を強制的に

         

         

         

        書き換えなければいけなかったはずです

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        確かにドッグイヤーとか、マウスイヤーと言われる昨今では

         

         

         

         

        これだけ生活の基盤がネット環境に支配されていれば

         

         

         

        ライフスタイルの変化を余儀なく変化させられることはあるでしょう

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        そんな時代の中で生き残っていく道が確かに存在します。

         

         

         

         

         

         

         

         

        それは単純ですが【新しいものを受け入れる事】です。

         

         

         

         

         

        流行をむやみに取り入れなさいと言ってるのではなく

         

         

         

         

         

         

         

         

        はっきり言えばネットのインフラの変化と

         

         

        人工知能の発達による仕事の変化です。

         

         

         

         

         

         

         

         

        西洋文明は産業革命の時代からひたすら

         

         

        【効率と合理性】を求め続けた文化でした。

         

         

         

         

         

         

         

         

        鉄道、自動車、インターネット、しかしここまで来て

         

         

         

         

         

        多くの人が気づいていない変化が起こってきています。

         

         

         

         

         

        インターネットができるまでは企業や政府が情報をコントロールしたり

         

         

         

        効率よく情報を流すことに効率化が図られていたわけですが

         

         

         

         

         

         

         

        実はFacebookを代表に見られる、20億人のソーシャルネットワークが

         

         

         

        まるで生き物のように主体性を帯びて独り歩きしてるのです。

         

         

         

         

         

         

         

        これからは企業がネットを使うのではなく

         

         

         

         

        ネットワークが企業を選ぶ時代になってきます。

         

         

         

         

         

         

         

         

        ですから、企業優先の考え方をしてると

         

         

        置いてきぼりを食らう時代になってしまったのです。

         

         

         

         

         

         

         

        ネットワークと言う【つながり】が集団意識を持ち

         

         

         

         

        その【考え】が企業を選ぶ時代がやってくると思います。

         

         

        (これは私が思っているのですが・・・笑)

         

         

         

         

         

         

         

         

        そんな時代に変化するきっかけを作ったのは【UBER】です。

         

         

         

         

         

         

        世界最大のタクシー会社に会って保有タクシーが一台もないという

         

         

         

        画期的な仕組みが、新時代を象徴しています

         

         

         

         

         

         

         

        ソーシャルショッピングは人々が気づかないうちに

         

         

         

         

        とんでもない未来とアクセスし始めたのです。

         

         

         

         

        ・・・・続く

         

         

         

         

         

         

         

         

        【2016.09.02 Friday 14:52】 author : egaways | - | - | - | - | - |
        おめでとう!!
        0

           

           

          新会計年度、あけましておめでとうございます!!

           

           

           

           

           

           

          477131_184010545053465_125077406_o.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

          いやー、スタートは燃えますねー、やっぱり(^^

           

           

           

           

           

           

          この業界の発展や新しい展開のために自分に何ができるだろう?

           

           

           

           

          そんな事を考えると、とっても大きなテーマなので

           

           

           

          最近は絵画再作と並行して、

           

           

           

          生涯をささげてもいいかなと思うようになりました

           

           

           

           

           

           

           

          それほどこの業界の無理解と、

           

           

          その無理解を引き起こしている無知をなくすため

           

           

           

           

           

           

           

           

          やはり【教育】に力を注がないと駄目だと思うようになってきたし

           

           

           

          誰かが旗を振らないと永久にこの無理解は

           

           

          変わらないのじゃないかなと思うのです。

           

           

           

           

           

           

           

          教えるのが上手な人はいますよね?

           

           

           

          私は教えるのがうまいタイプでは決してありません

           

           

           

           

          でもこの業界は実践をやってない人が上手に教えても

           

          意味がありません

           

           

           

           

           

           

           

          そのために、まだまだ現場で動かないと

           

           

           

          わからない事だらけなんですもの

           

           

           

           

           

           

           

           

          30年やってる私が言う事ではないでしょうが

           

           

           

          本当に世の中のインフラやビジネス環境の変化と

           

           

          私にとっては【子供くらい年齢の離れた若者】の考え方

           

           

           

           

           

           

           

           

          そして、この閉塞感の漂う日本の環境を考えると

           

           

           

           

          自分も周りも変化してて、何が正しいのか誰もわからないくらい

           

           

           

          混沌としているのが現実でしょう

           

           

           

           

           

           

           

           

          しかし、解決できない問題はありません!

           

           

           

           

           

           

          今日は今年5冊目のノートを新しくして

           

           

           

          【2016−5】という計画をしたためています

           

           

           

           

           

           

           

          いやー、する事満載過ぎです!!

           

           

          あれもしたい、これもしたい、楽しいな!!

           

           

           

           

           

           

          なんだか、仕事が楽しくなってきた!!

           

           

           

           

           

           

           

           

          頑張るぞーーーーーー!!

           

           

           

           

           

          私と言う人間が世の中に、何かのほんの少しでも影響を与えられる

           

           

          生きた証を残せるって素晴らしいですよね〜

           

           

           

           

           

           

           

          【2016.09.01 Thursday 21:27】 author : egaways | - | - | - | - | - |
          どこでも一緒?
          0

             

             

            先日、他のMLMの会社に携わっている方とお会いしました。

             

             

             

             

             

            とっても素敵な方でしたが、

             

             

             

            合う設定自体が

             

             

             

            「私はいいと思っても、やりませんよ!」という設定だったので

             

             

             

             

             

             

            そのかたくなな姿勢を見て(笑)

             

             

             

            こちらの話をしても意味はなかったので、結局は世間話だけで終わりました。

             

             

             

            (20代の女性で初めて半年くらいの方が

             

             

            58歳のキャリア31年のおじさんに会うと、力が入るでしょうが・・・)

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            でもその会話の中で

             

             

             

             

            「結局どんなビジネスでも成功者は出てる訳でしょ?

             

             

             だったらどのビジネスをやっても一緒でしょ?」

             

             

             

             

             

            と言う事をしきりに言われるのですが・・・

             

             

             

             

             

             

             

            これについて、あなたはどう思います?

             

             

             

             

             

             

            2012-03-03expression.jpg

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            例えば、今から石炭のビジネスはどうでしょう?

             

             

             

             

            あるいはポケベルを売る自信はありますか?

             

             

             

             

             

             

             

             

            そりゃ、努力すれば売れないことはないかもしれませんが

             

             

             

            最初からハンデがあり過ぎません?

             

             

             

             

             

             

            努力は尊いし、可能性は無限大です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            しかし、取り組むモノの時代性や社会の仕組みなどによって

             

             

             

            最初から大きなハンデキャップを背負うものや

             

             

             

            逆に、大きなアドバンテージを得るものは確かにあるのです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            かくいう私は、27歳で始めたA社において5年でタイトルを獲り

             

             

             

            10系列を独立させたものの、燃え尽きてしまいました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            その後、少しだけ収入のために自営業を興したあと

             

             

             

             

             

             

            もう一度A社のセミナーに出たことがありました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            久しぶりにセミナーに登場した私を昔の仲間は暖かく迎えてくれたものの

             

             

             

             

             

             

            実はそこに漂う【終わってしまったビジネス】のような感覚がぬぐいきれず

             

             

             

             

            結局、再スタートはあきらめたのを覚えています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            そして今、個人的に言えば

             

             

            最先端ともいえるビジネスと巡り会えたことは幸運中の幸運です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            しかし、ここで誰もが思う事

             

             

             

             

            【新しいものはいつかは古くなるという宿命】

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            この問題はいったいどう解決したらいいのでしょう??

             

             

             

             

             

             

             

             

            それには、実はコツがあるのです。

             

             

             

             

            長くなりましたので次回にしましょうか?

             

             

             

             

             

            一つの文化やビジネスの仕組みがすごいスピードで

             

             

             

             

            変化していく時代において

             

             

             

             

            実は成功し続ける人はいるのです。

             

             

             

             

             

             

             

            【2016.08.31 Wednesday 07:57】 author : egaways | - | - | - | - | - |
            CALENDAR
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            RECOMMEND
            パーフェクトメソッド ~ネットワークであなたの人生を最高に変える頭と心の使い方~
            パーフェクトメソッド ~ネットワークであなたの人生を最高に変える頭と心の使い方~ (JUGEMレビュー »)
            江頭 俊文
            ついにMLM第二弾刊行!今の江頭のすべてのノウハウを暴露!!ここまで教えていいの??
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            人生を変える見えないボタンの見つけ方 DVD付
            人生を変える見えないボタンの見つけ方 DVD付 (JUGEMレビュー »)
            江頭 俊文
            ベストセラー『パーフェクトドリーム』から2年。世界最高タイトルを2度獲得した著者、待望の第2作
            NEW ENTRIES
            ARCHIVES
            MOBILE
            qrcode
            LINKS
            PROFILE
            SEARCH
            PAGETOP